チーズ

めだかや金魚と一緒にしじみを入れる「しじみ水槽」ってなに?

最近たくさんの人の間で流行りと言われているしじみ水槽。
高い効果を持っていることで知られていますが、果たしてそれはどのような効果なのでしょうか。
健康に高い効果があることは周知の事実ですが、それ以外にどのような期待が出来るのでしょう。
そもそもこれは何なのかについて紹介していきます。

しじみ水槽とは何かというと、文字通りしじみを水槽で飼育することです。
どうしてそのようなことをするのかですが、これは水槽にこびりついた藻などを含めた汚れを浄化してくれる働きがあるのです。
そのため、浄化を目的として汚れた水槽にしじみを飼育する方が多いです。

川から採取してきたものを水槽に入れることにより、数日で透明度がアップするのですから、水槽をきれいな状態に出来るというのは間違いない事実なのです。
1週間から2週間もすれば、緑色の水槽でも水が澄んで見えるようになります。
それこそがしじみ水槽のパワーなのです。

ただ、飼育するという観点で見たとき、長期間の飼育は難しいと思いましょう。
これは、貝の餌が微生物であるため、水槽という小さな空間で飼い続けることは困難だと言われているのです。
仮に死んでしまうと一気に水槽の環境が悪化することも頭に入れておきましょう。

もしも飼育をするのであれば、汽水に生息するヤマトシジミではなく、マシジミを購入するといいでしょう。
これは、汽水の場合だと長生きしてくれないためです。
マシジミであれば淡水に生息しているため、飼育もしやすく長生きさせることも可能です。
ですから、長期間飼育したいという場合にはマシジミを選ぶことをおすすめするのです。

普通に食べてもおいしいですし、健康にも良いとされるものなのですが、それ以外にもとても良い働きをしてくれることが分かります。
環境を整えてあげることよってはスーパーで購入するようなものでもしじみ水槽は実現できます。
飼育してみたいと思ったら、一度試してみるのもいいかもしれません。
また、しじみの効果的な砂抜き方法についても知っておくと良いでしょう。