チーズ

しじみで痛風を改善

日本では痛風は昔から知られていた海外とは異なり、明治以前まで知られていなかったようです。
この病気は、1960年頃から増加するようになり、たんぱく質や動物性脂質の摂りすぎが原因とされています。
足の親指が腫れて痛い、激痛で足も動かせないほどの発作が起こります。
放置しておくと尿毒症が起こることもあり、早期の治療が求められますが、これに対してはしじみが有効であると言われています。

痛風の原因は、主に生活習慣だと言われています。
ですから、食生活の改善が痛風の予防、あるいは改善にも繋がります。
痛風発作は、肝臓と脾臓の疲労度によって起こると言われているため、肝臓に良いとされるしじみが痛風改善に効果が期待できるといわれています。
食品ですから、即効性が期待できるわけではありません。
可能な限り毎日食べるようにしたいところです。

調理方法として高い効果をもたらしてくれるのは、しじみ汁、しじみの味噌汁などとなります。
もしもお酒を毎日飲むという場合にも有効ではないかと思われます。
肝臓の疲労回復という意味では痛風の症状にも良いと予想されるわけです。
もしもプリン体が気になるようであれば、しじみのサプリメントなどを利用するのも一つの手です。

また、しじみの貝殻にはカルサイトという成分が含まれています。
貝殻を500度で焼いたときに出る成分なのですが、これには肝機能の改善および、脂肪肝の改善効果が期待できます。
これについてもサプリメントを購入することを検討するといいでしょう。

これに加えて、痛風の改善にはカロリーをある程度抑えて肥満を防ぐこと、アルコールが含まれた飲み物は出来るだけ控える、毎日十分な量の水分を摂る、運動は1日に少しでも行う、ストレスは出来るだけ抑えるなどにも気をつけたいところです。

痛風はつらい病気です。
ですが、しじみをはじめとした食事や生活習慣の改善を行うことにより、改善が可能な病気でもあります。
もしも痛風が気になるようであれば、今一度自分の生活習慣を見直してみることをおすすめします。

蜆オルニチンのサプリランキングも参考にすると良いでしょう。